平成31年 2月16日(土) ラコントル「ノルディック・ウォークの集い」


0
    今日も天気予報は曇り。
    小雨も覚悟していましたが、薄日がさして、まずまずのウォーキング日和になりました。
    ウォーミングアップで体を温めてスタート。


    今日は観音町や天満町の地名の由来になったお寺やお社を巡る街歩きです。
    まずは天満川を渡って観船橋北側の観音院へ。
    開基は江戸時代の始め、ご本尊は大日如来。
    初めは小さなお堂だったそうですが、段々、近在の人の信仰を集めて大きなお寺になったとのこと。
    江戸時代の末期の地図には、観音村という地名があるそうです。
    調度、3人の僧侶の方が御勤めをされるところに遭遇。
    「毎日、こんな風にお祈りされるんだなぁ」とお寺の日常に少し触れさせて頂きました。


    川沿いに戻って、天満宮に向かいます。
    江戸時代の始め、この辺りは小屋新町と呼ばれ、広島城普請の人足の方たちが多く住んでいました。
    とても火事が多かったので、火の神である天神さまをお祀りして、災いを鎮めようとしたのが、始まりだそうです。
    その後、天満宮にあやかって、町名を天満町にするように藩に願い出たとのことです。


    天満宮の面している道は、旧西国街道です。
    普段、何気無く歩いている道が歴史ある道だったりするんですね。


    天満小学校の方に向かいます。
    「この道、少し変わった所があるのですが、お気付きですか?」
    「あっ!不自然に盛り上がってる」
    「昔の干拓堤防のなごりです」
    段々、ブラタモリ風になってきました。


    更に、空港通りを渡って路地に入ります。
    周りの道は直線的ですが、この道は、緩やかに蛇行しています。
    太田川放水路の工事によって埋め立てられた、福島川の痕跡とのことです。
    天満川沿いに戻り、少しペースを上げてウォーキングらしく歩きました。


    今日はウォーキングとしては物足りなかったかもしれません。
    「よく通る所だけど、知らないことばかりだったので楽しかった!」と言ってくださる方もいらして、たまには路地を歩くのも良いかな?と思いました。


    街中でしたので、歩道や横断歩道でないところを歩くこともあり、申し訳なく思っております。
    次回は準備万端でご案内できたらと思います。

    (担当:矢村 文)

    平成30年12月8日(土)ラコントル「ノルディック・ウォークの集い」


    0
      曇り空、風が強くじっとしていられない感じです。
      今日は、本川から天満川の川沿いを歩き、十月桜のお花見コースです。


      出発してすぐ、神崎小学校の近くに3,4本十月桜があります。
      小さな花で、白からピンク、八重の花もあり、寒空ののしたではホッとします。


      初めて見るという方もいて、「こんな時季に桜が咲くの!?」「可愛らしいね!」と、それぞれに楽しんでいらっしゃいました。


      天満川沿いの舟入病院の近くでも咲いていて、「葉っぱは何時出るのかな?」「春も咲くのかしら?」色々な質問をいただいたのですが、お答えできず、勉強不足を痛感しましたm(__)m。


      天満川沿いは風が強くて、「寒い、寒い!!」という感じでしたが、段々、温まってきました。
      舟入交差点の近くに、電車通りに対して斜めの真っ直ぐな道があります。


      戦前の射撃訓練場の名残とのことなので、それを皆さんんにお伝えすると、「え〜!そうなんだ!!」知らないことが沢山あるなぁ!」と驚かれてました。


      帰る頃には、ポカポカを通り越して暑いくらいに温まり、ノルディックの運動効果を実感しました。
      益々、寒くなって外へ出るのが億劫になってきますが、最初の一歩を頑張りましょう!!

      (担当:矢村 文)

      平成30年11月10日(土)ラコントル「ノルディック・ウォークの集い」


      0
        「絶好の行楽日和です」という天気予報になりました。
        このところ朝の冷え込みで、街なかの紅葉も見頃になってきました。


        今日は、天満川沿いから平和大通りの西の端、新己斐橋まで往復して、紅葉を楽しむコースです。
        ノルディック初体験の方も、すぐにポールに慣れて、快調なペースです。


        街路樹というと、同じ木の並木道というイメージが強いですが、ここは色々な種類の木があります。


        普段、よく通るものの、上を見なげながら歩くと、改めて気付くことが沢山あるなぁと思いました。
        紅や黄色の絨毯(じゅうたん)を敷き詰めたような所、ドングリが一面にばらまかれたような所が、アチコチにありました。


        ラコントルに戻って、お茶をいただきながら、最近の体験会の様子等をお話ししました。
        初参加の方も、「また、参加したい!」とおっしゃって下さいました。
        寒い冬に向かいますが、皆さまのご参加お待ちしております。

        (担当:矢村 文)


        お気に入りに追加
        カテゴリー
        リンク集
        最新の記事
        PR


        Supported by 楽天ウェブサービス

        ランキング
        ブログランキング
        PVランキング
        にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
        にほんブログ村

        過去ログ
        ブログ内検索
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM